地下鉄現在地ちかまるナビ
運行情報

ホーム > お問合せ > よくあるご質問

よくあるご質問

  • 忘れ物
  • 定期券
  • 乗車券・カード
  • 駅・車内
  • 運転
  • その他

忘れ物

Q.地下鉄で忘れ物をしたら,どうすればいいの?
A.

車内や駅構内で忘れ物をされた場合は
最寄りの地下鉄駅窓口でお尋ねになるか,お客様サービスセンター(TEL:092-734-7800)へ電話でお問い合わせください。
なお,忘れ物(遺失物)は下記のように保管場所が変わりますので,お受取りされる場合は保管場所と営業時間にご注意ください。

忘れ物の受け取りには,受け取りに来られる方の身分証明書(運転免許証,保険証等)の提示が必要です。
受け取りの際,遺失物引渡書等へ記載が必要ですので,お時間に余裕をもってお越しください。

 = 忘れ物(遺失物)取扱いの流れ =
 (1)車内や駅構内で発見された遺失物は,届け出があった駅窓口で受付ける。
 (2)「遺失物管理システム」に登録する(各駅やお客様サービスセンターで検索可能)。
 (3)当日夜または翌朝,駅長事務室がある管区駅に移送・保管する。
 (4)毎週木曜日午前中に,各管区駅で保管している遺失物を1箇所に集める。
 (5)同日13時頃に,(4)の遺失物を警察署に届け出る。
 
*お客様サービスセンター(天神駅)の営業について
 ◎営業時間:8時〜20時(年中無休)

定期券

Q.「ちかパス」ってなに?
A.

地下鉄の空港線・箱崎線・七隈線の全線が乗り放題となる定期券です。この定期券は,通勤・通学をはじめ,塾・アルバイト・習い事・お買い物等どんなときにも使え、購入したその日から使用できる大変お得で便利な定期券です。また、JR及び西鉄との連絡ちかパスも発売しておりますので,是非、ご利用下さい。

ちかパスの詳細はこちら

発売場所:「はやかけん」マークのある券売機(ただし、通学定期券の新規購入はできません。)、七隈線の自動定期券発売機、お客様サービスセンター(定期券うりば)
発売場所についての詳細はこちら

※JRとの連絡ちかパスはJRの各駅でも発売しております。

Q.「乗っチャリパス」ってなに?
A.

福岡市営自転車駐車場定期券の引換券と地下鉄定期券(JR・西鉄との連絡定期券を含みます。)を併せて販売するもので、双方の定期券合計額から割引があります。定期券の種類は通勤大人・通学大人の2種類です。また、JR及び西鉄との連絡定期券及びちかパスとの乗っチャリパスも発売しております。

乗っチャリパスの詳細はこちら

発売場所:「はやかけん」マークのある券売機(ただし、通学定期券の新規購入はできません。)、七隈線の自動定期券発売機、お客様サービスセンター(定期券うりば)

発売場所についての詳細はこちら

Q.「はやかけん」定期券で乗越しをしたらどうすればいいの?
A.

(1) 「はやかけん」定期券にチャージ(入金)しておけば、そのまま改札機にタッチすると自動で精算されます。
(2) 「はやかけん」の残額が足りない場合は、下車される駅で精算機に投入してください。
精算機で不足金額を現金で精算していただくか、「はやかけん」にチャージを行った後改札機をお通りください。
(3) 定期券区間から乗越した場合や、定期券区間外の駅から乗車した場合は、定期券区間外の普通料金が必要となります。

※ICカードの精算は、現金のみの取扱いとなります。(差額分のきっぷを入れて精算はできません。)

「はやかけん」での精算方法の詳細についてはこちら

Q.定期券の払戻しはできるの?
A.

地下鉄線内の定期券については、下記のとおりとなります。なお、JR九州・西鉄〜地下鉄の連絡定期券の払戻しについては、お客様サービスセンター(各種案内 092-734-7800 8:00〜20:00 年中無休)へお尋ねください。

(1)お持ちの定期券が必要なくなった場合
  払戻し額=発売金額−経過した期間に相当する額(注1)−手数料220円
   注1: 経過した期間に相当する額=経過月数に相当する額+1月未満の経過日数に相当する額
   ・「経過月数に相当する額」は次のとおり
      1か月 → 1か月定期料金
      2か月 → 1か月定期料金×2
      3か月 → 3か月定期料金
      4か月 → 3か月定期料金+1か月定期料金
      5か月 → 3か月定期料金+(1か月定期料金×2)
   ・「1月未満の経過日数に相当する額」は次のとおり
     券面の表示区間の普通料金×2回×経過日数(払戻日を含む)
     ただし、1か月定期料金が上限となります。

   計算例:通勤大人6か月44,120円(1区)で4か月10日経過した場合
   44,120円−23,290円(3か月定期料金)−8,170円(1か月定期料金)−(210円×2回×10日)−220円=8,240円


(2)お持ちの定期券の区間を変更される場合(新たな区間の定期券を購入する場合)
  払戻し額=発売金額−日割り額(注2)×経過日数(払戻日を含む)−手数料220円
   注2: 日割り額=発売金額を1か月30日として割った1日あたりの額
   計算例:通勤大人6か月44,120円(1区)で4か月10日経過した場合
   44,120円−(44,120円/180日×130日)−220円=11,920円


※払戻しは、お客様サービスセンター(定期券うりば)での取扱いとなります。詳しくはこちら。
なお、クレジットカードで購入されました定期券の払い戻しは、利用されたクレジットカード会社を通した返金となり、現金による払い戻しはいたしません。詳しくはクレジットカード決済サービスのページをご覧ください。

Q.定期券購入時にクレジットカードで支払いできるの?
A.

福岡市地下鉄のお客様サービスセンター(姪浜、西新、天神、博多、貝塚、別府の各定期券うりば)では、定期券のご購入にクレジットカードがご利用いただけます。
※お支払いは1回払いとなります。
なお、クレジットカードで購入されました定期券の払い戻しは、利用されたクレジットカード会社を通した返金となり、現金による払い戻しはいたしません。

クレジットカード決済についてはこちら

Q.「はやかけん」定期券を紛失した場合、再発行はしてもらえるの?
A.

「はやかけん」定期券は、紛失時に再発行することができます。(手数料520円と新カードのデポジット500円が必要となります)

「はやかけん」紛失時の再発行の詳細はこちら

Q.JRや西鉄と一緒になった定期券は買えるの?
A.

地下鉄全線とJR九州の筑肥線・鹿児島本線等,並びに西鉄の貝塚線・天神大牟田線等を乗り継ぐ連絡定期を販売しています。(対象区間と料金はこちら
 お客様サービスセンター(姪浜・西新・天神・博多・貝塚・別府の各定期券うりば)と,橋本駅・野芥駅・福大前駅・薬院駅・天神南駅の自動定期券発売機(ただし、JR鹿児島本線との連絡定期券を除く)でご購入ください。

Q.定期券は別の人が使ってもいいの?
A.

定期券は、券面に記載されたお名前のお客様のみご利用いただけます。

券面に記載されたお名前のお客様以外がご利用された場合、その定期券を無効として回収し、その定期券の効力が発生した日からその行為を発見した当日まで、

その定期券の券面に表示された区間を毎日2回ずつ乗車したものとして計算した額の普通料金及びその2倍に相当する額の割増料金をいただくことになります。
(福岡市高速鉄道乗車料金等条例施行規程第42条第2項、第49条(1)、第70条)
 

乗車券・カード

Q.えふカードの払戻しはできるの?
A.

えふカードの払戻しについては、こちらをご覧ください。

Q.よかネットカード・ワイワイカードの払戻しはできるの?
A.

よかネットカード・ワイワイカードの払戻しについては、こちらをご覧ください。




 

Q.ICカード「はやかけん」について
A.

ICカード「はやかけん」のQ&Aについてはこちら

駅・車内

Q.天神駅〜天神南駅の乗り換えはどうするの?
A.

空港線天神駅及び七隈線天神南駅では、一旦改札機を出て乗り換えます(両駅改札口間約550m)。出場の際は乗継改札機(緑色の改札機)をご利用ください。乗継ぎには天神地下街をご利用されると便利です。また、空港線天神駅と七隈線天神南駅との乗り換えは、改札機を出て120分以内に行ってください。120分を超えますと、新たな乗車券または料金が必要となりますので、ご注意ください(定期券・一日乗車券を除きます)。

Q.全ての駅にエレベーター、エスカレーターはあるの?
A.

全ての駅にエレベーター、エスカレーターがあります。
エレベーターについては、全ての駅にホームから地上までエレベーターで上下の移動ができるようにしています。
また、エスカレーターにつきましては、ホームからコンコース間はすべての駅に設置し、これらに加え七隈線ではコンコースから地上間にも設置しています。

Q.エスカレーターの上は歩いていいの?
A.

エスカレーターの上を歩いたり,駆け上がったりされますと,他のお客さまに接触し,転倒・転落の恐れがあるほか,振動や衝撃で非常停止するなど非常に危険です。
エスカレーターをご利用の際には,手すりにつかまり黄色い線の内側にお立ちください。

Q.車いすを使って地下鉄を利用できるの?
A.

全ての駅にエレベーターが設置されていますので、地上からホームまで、車いすの方も移動できるようになっています。
また、介助が必要な方は、駅係員が皆様の乗り降りのお手伝いをいたしますので、ご遠慮なく、駅の改札口で駅係員にお申し付けください。

Q.車いすで利用できるトイレはあるの?
A.

全ての駅に車いすで利用できるトイレがあります。
車いすで利用できるトイレには、車いすの転回がしやすいように広くしたり、手すりなどを設けています。

Q.オストメイト対応のトイレはあるの?
A.

空港線では中洲川端駅(川端口),博多駅(中央改札口),東比恵駅,福岡空港駅を除く全駅,箱崎線では呉服町駅及び七隈線全駅にオストメイト(排泄障がいのため,人工肛門,人工膀胱を設けられた方)対応の多機能トイレがあります。

Q.ホームの換気はされているの?
A.

地下駅の換気は、換気塔(地上部に給気口・排気口がある。)から送風機により換気を行っています。トンネルの換気は、駅の出入口から給気を行いトンネルの中間部から排気する方式と、駅の換気塔から給気し、となりの駅から排気する方式の二方式で換気しています。

Q.ホームドアにはさまれたら、どうなるの?
A.

ホームドアと電車の間に赤外線センサーがあり、扉が閉まる時にこれをさえぎると、ホームドアが自動的に開きます。また、閉まる途中の扉にはさまって、無理な力がかかるとやはりホームドアが自動的に開きます。さらに、ホームドアが完全に閉まるまでは、電車が発車できないように制限されています。

Q.駅に冷房設備はあるの?
A.

空港線では西新駅・天神駅・中洲川端駅・博多駅・福岡空港駅で、七隈線では橋本駅・別府駅・薬院駅・天神南駅で、ホーム・コンコース全体を冷やす全館冷房を行っています。
また、上記以外の駅につきましてはホームの一部分を冷房するスポット冷房設備を設置しています。空港線・箱崎線ではホームにガラスで囲った部屋(通称:クールルーム)を設置し頭上の吹出口から冷風を吹き出す方式、七隈線ではホーム両端部の壁の吹出口より冷風を吹き出す方式で行っています。

Q.タバコを吸える場所はあるの?
A.

地下鉄駅および車内は全て禁煙とさせていただいています。禁煙にご協力をお願いします。

Q.駅構内で火災が発生したら?
A.

地下鉄の駅構内は,国の定める基準に基づき,燃えにくい構造になっています。また自動火災報知設備等により駅防災管理室で常時監視しています。
万一火災が発生した場合は,非常ベル及び非常放送にて火災発生をお客様にお知らせするとともに,避難誘導を行い必要に応じて排煙設備や防火シャッターを動作させます。
係員は,万一の火災に備え,定期的に訓練を行っています。係員の指示に従い,落ち着いて行動していただくようお願いします。

Q.乗車を断られることはあるの?
A.

乱酔している方,著しく奇異又は不潔な服装をしている方,駅係員の指示に従わない方など,他のお客さまのご迷惑となる行為をされる場合は,列車への乗車をお断りすることがあります。

Q.ペットを連れて乗車できるの?
A.

小動物でケースに入れていただければご乗車いただけます。なお、料金は無料です。

※JRにおきましては取扱いが異なります。詳しくはJRにお尋ね下さい。

Q.電車内に自転車を持ち込めるの?
A.

自転車の車内持込につきましては、朝夕ラッシュの混雑時間を除いた時間帯に、解体して専用の袋に収納したもの、または折りたたみ式自転車で折りたたんで専用の袋に収納した状態で縦・横・高さの和が250cm以内・重量が30kgまでの大きさのものに限り、お手回り品としてお持込いただけます。なお、料金は無料です。
※JRにおきましては取扱いが異なります。詳しくはJRにお尋ね下さい。

Q.車内で携帯電話を使ってもいいの?
A.

車内での携帯電話の使用につきましては、マナーモードに設定のうえ通話はご遠慮ください。また、優先席付近では混雑時に、電源をお切りいただくようお願いします。

Q.車内放送の音量は調整しているの?
A.

車内放送につきましては,お客様に情報をお伝えする重要な機器であり,定期検査を1週間に1回程度実施して,放送の音量が小さい場合や大きすぎる場合には調整を行っています。
この他,列車の運行前点検においても,放送装置が正常に機能していることを確認しています。

Q.車内の冷暖房はどのようにして入り切りしてるの?
A.

車内の冷暖房装置は温度設定による自動運転を行っており,温度設定は,冷房時25℃,暖房時16℃を基本としています。
なお、ラッシュ時間や乗車率、気候及びお客様の声などを基に設定温度の変更や暖房の稼働・停止を実施しております。
また、冷房については,お客様からの「寒い」とのご要望にお応えして,他の車両より約2℃高く設定した弱冷房車を1両設けています。
弱冷房車は,空港線・箱崎線では,姪浜駅側から数えて4番目の車両,七隈線では,橋本駅側から数えて3番目の車両としており,車両に「弱冷房車」と記したシールを貼っています。

Q.電車の清掃は何日おきにしているの?
A.

車内に落ちているゴミやほこりを取り除く清掃は毎日行っています。
この他,週に1回車体外板の洗浄と床・窓ガラスの水拭きを行い,2~3ヶ月に1回床のワックス掛けを実施しており,営業に使用する前には十分に換気を行っています。

Q.電車の車いすスペースはどこにある?
A.

空港線・箱崎線の電車には6ヶ所( 1両に1ヶ所)の車いす・ベビーカー等の優先スペースを設けています。
また,七隈線では,駅のエレベータが利用しやすいように,電車の中央部分に2ヶ所の優先スペースを設けています。

Q.車両内で火災が発生したら?
A.

地下鉄の車両は,国の定める基準に基づき,不燃性・難燃性の材料を使用して,燃えにくい車両となっています。
万一,車両内で火災が発生した場合は,電車は次の駅まで運転を継続しますので,ホームに着き次第車外へ避難してください。やむを得ずトンネル内に停車した場合は,対向路線の電車を停止し,車両の正面にある避難口から車外へ誘導します。避難の際は,係員の指示に従ってください。
車両には非常連絡装置を備えています。火災を発見したお客様は,安全な車両に移った後,係員にご連絡ください。また,停電した場合は,予備灯が点灯しますので,落ち着いて行動していただくようお願いします。

Q.車内で飲食していいの?
A.

車内での飲食につきましては,まわりのお客さまのご迷惑とならないようお願いします。特に食べ物はニオイや食べこぼしの原因となりますので,ご遠慮ください。

運転

Q.地下鉄の24時間運行はできないの?
A.

 地下鉄では、毎日、安全に運行するために、営業時間終了後から始発までの深夜に、線路やトンネルなどの点検、補修等を行なっていることから、地下鉄の24時間運行は困難と考えています。
 最終電車の運行時間については、お客様のご要望などを踏まえ、保守作業のできる限りの効率化等を図り、平成14年3月に、30分程度の延長を行ないました。
 今後とも、安全安心を最優先に、お客様のニーズ等を踏まえながら、利便性の向上に努めてまいります。

Q.快速列車を走らせることはできないの?
A.

空港線,箱崎線,七隈線の各路線は営業距離が短いことから,快速列車の運行によるスピードアップの効果は小さく,それよりも全列車が全駅に停車することによるお客様全体の利便性を重視しています。
また,快速や特急列車を運行する場合,通過する駅に追い越される普通列車のための待避用線路が必要になりますが,本市地下鉄には設けていません。

Q.箱崎線は中洲川端駅折り返しではなく,天神駅で折り返しできないの?
A.

箱崎線につきましては,中洲川端駅を折り返し駅として建設しており,天神駅では折り返し設備を設けていません。箱崎線運行列車の半分程度は姪浜・西新方面へ乗り入れており,箱崎線・空港線間をご利用のお客様の利便性向上を図っています。

その他

Q.七隈線のルートはどのようにして決まったの?
A.

七隈線につきましては,西南部地域の交通渋滞を緩和し,効率的で利便性の高い公共交通体系の確立を図るとともに,均衡あるまちづくりを推進することを目的としています。
七隈線のルートにつきましては,市街地の主要拠点(野芥地区・六本松地区・天神地区)を経由することをはじめ,他の交通機関との結節(西鉄薬院駅・JR博多駅・地下鉄中洲川端駅等)や,道路空間の有効活用等を考慮し,3号線全線約16.7km(橋本〜天神南〜中洲川端〜ウォーターフロント方面,並びに,渡辺通付近〜博多駅方面)を平成3年度までに決定し,このうち平成17年2月3日に橋本〜天神南12kmを開業しました。

Q.七隈線の駅位置はどのようにして決まったの?
A.

七隈線の駅位置につきましては、市街地の主要拠点(野芥地区・六本松地区・天神地区)、他の交通機関との乗り継ぎ利便性、適切な駅間距離、技術的要件等を考慮し計画しました。

Q.地下鉄沿線で地下鉄構造物に近接して工事を行いたいのだが?
A.

地下鉄沿線において、地下鉄構造物から水平距離で30m以内の範囲で工事を行われる場合に、事前にその施工の時期や方法についてご協議をお願いしております。
近接施工範囲概念図(参考)

Q.福岡市地下鉄は多額の累積赤字があるが,経営は大丈夫なのか?
A.

地下鉄事業は,当初の建設に多額の投資を必要とするため,長期的に収支の均衡を図っていく事業です。
 そのため,福岡市交通局では,計画的に経営改善を図っていく上での長期収支見通しを策定し,経営の健全化を推進しています。
 これまで,乗車人員の増加等により,長期収支見通しを上回るペースで収支は改善しておりますが,今後も引き続き,増客増収や業務の効率化等に努め,計画的に収支の改善を図ってまいります。
 なお,累積損益は赤字ですが,安全運行を確保するための施設の保守点検や修繕・改良等は確実に実施しており,また,お客様サービス向上の取り組み等も進めておりますので,今後も,安心して福岡市の地下鉄をご利用ください。

※詳細は「経営状況」

Q.七隈線は開業から10年たっても赤字が続いているが,大丈夫なのか?
A.

 七隈線は開業から10年であり,地下鉄事業の特性から,単年度損益が黒字化するまでにはまだ一定の期間を要しますが,利用者の定着が進み着実に乗車人員が増加していることなどから,単年度の赤字は確実に減少しており,ほぼ長期収支見通しの目標に沿って収支は改善しています。
 また,現在整備を進めている延伸事業(天神南〜博多)により,乗車人員の増加が見込まれ,単年度及び累積損益の黒字化が早まる見込みです。
今後も引き続き,増客増収や業務の効率化等に努め,計画的に収支の改善を図ってまいります。

※詳細は「経営状況」へ。

PAGE TOP