ホーム > 交通局のご案内 > 地下鉄の概要 > 車両情報 3000系

交通局のご案内

地下鉄の概要

車両情報

3000系車両

平成17年の七隈線開業時に製造された3000系車両。
ドイツの著名な工業デザイナー、アレクサンダー・ノイマイスター氏による車両デザインは、アルミの加工性を活かし、スピード感をもたせた先頭形状となめらかで流れるような斬新なデザインとなっています。 車体には沿線地域の山々の稜線を表現した緑色と、川の流れを表現した水色のストライプのラインが入っています。
また、3000系車両は九州初の鉄輪式リニアモータシステムを採用しています。
3000N系車両
ワンマン全自動運転を採用した運転台は、ワンハンドルマスコンタイプを採用。運転室がオープン構造となっているため、運転席から見られる独特の風景を楽しむことができます。 運転台
室内は,座席にラインカラーである緑色を採用、連結部にはガラスを使用することで「明るく、広々とした室内」を実現しています。

車いすやベビーカーのお客様の優先スペースを中間の2両に設置。車内の騒音を低減する工夫も凝らした「人にやさしい」車両です。また,室内には1両につき2台の液晶表示器を設置し,次駅案内などの情報提供を行っています。
室内
車いすスペース

車両諸元

型式 3100 3200 3500 3600
車種 Mc1 M1 M3 Mc3
自重 26.9t 25.7t 25.6t 26.9t
定員 89人 100人 89人
最大長 16750mm 16500mm 16750mm
最大幅 2490mm
最大高 3145mm
電車線方式 架空線単線式
軌間 1435mm
最高速度 70km/h
加速度 3.2km/h/s
減速度 4.0km/h/s(常用)、4.5km/h/s(非常)
制御方式 VVVFインバーター制御
ブレーキ方式 電空併用電気指令式電磁直通空気ブレーキ
列車保安装置 ATC,ATO,SR,DB
保有車両数 68両

Page Top