地下鉄現在地ちかまるナビ
運行情報

ホーム > 道路陥没事故について > 事故の原因究明について

事故の原因究明について

陥没事故の原因究明につきましては,国立研究開発法人 土木研究所に「福岡市地下鉄七隈線延伸工事現場における道路陥没に関する検討委員会」が設置され,
本委員会において検討が行われてまいりました。 検討委員会がとりまとめた原因究明の報告書や,検討の経緯等について,陥没事故関連いたします。
※「土木研究所ホームページ」https://www.pwri.go.jp/

検討委員会のとりまとめを受けて(H29.3.31)

平成29年3月30日に開催された第3回検討委員会の結果(とりまとめ)を受けまして,福岡市交通局の受け止めと今後の取組みについて,次のとおりご報告いたします。

福岡市地下鉄七隈線延伸工事現場における道路陥没に関する検討委員会の結果について

「土木研究所」による検討委員会について(資料は土木研究所HPより入手)

規 約   委員名簿

報告書概要  報告書概要

報告書(平成29年5月)  報告書

追加の地質調査 (H28.12.21)

ボーリングによる追加の地質調査を行いますので陥没事故関連いたします。
この調査は,11月29日開催の第1回検討委員会において,原因究明の一環として地質調査を実施するよう要請されたことから実施するものです。

【調査目的】  トンネル上部の岩盤性状を確認するため
【予定期間】  平成28年12月22日(木)~平成29年1月末(予定)
報道発表資料はこちら →現地の「追加の地質調査」については,2月1日(水)に完了しました。 調査期間中,皆さまには大変ご迷惑をおかけしました。 ※「追加の地質調査」の結果はこちら

PAGE TOP