ホーム > 各駅情報 > 各駅一覧 > 中洲川端駅 > 中洲川端駅周辺施設

各駅情報

中洲川端

■博多リバレイン

仏語と英語で「岸辺」を意味する言葉からネーミングされ、博多の岸辺の風景に、新しい魅力を彩る「博多リバレイン」。「スーパーブランドシティ」や「福岡アジア美術館」があるリバーサイト、「博多座」を抱えるイーストサイト、「ホテルオークラ福岡」があるホテルサイト、山笠も通れるようになったフェスタスクエアがあります。 * アクセス…地下鉄中洲川端駅6番出口直結
* ホームページアドレス…http://www.riverain.co.jp/

■福岡アジア美術館

博多リバレインのリバーサイト7・8階にある、アジア近現代美術を専門とする世界で初めての美術館。鑑賞だけでなく作家たちと直接コミュニケーションが図ることができる新しい交流の場も提供しています。実際に作っていく相手の顔が見えることで、アートや文化がもっと身近になるはずです。 ※一日乗車券による入場料の割引があります。
撮影者:藤本健八 * アクセス…地下鉄中洲川端駅6番出口直結
* ホームページアドレス…http://faam.city.fukuoka.lg.jp/

■博多座

平成11年6月オープンした博多リバレインイーストサイトの「博多座」は、本格的な演劇専用劇場。 花道や回り舞台、オーケストラボックスなどを備え、歌舞伎、ミュージカルをはじめ様々なジャンルの演劇が楽しめます。 * アクセス…地下鉄中洲川端駅7番出口直結
* ホームページアドレス…http://www.hakataza.co.jp/

■キャナルシティ博多

広大な敷地を南北に走る運河が象徴的な「都市のなかのもうひとつの都市」。この中に、劇場、映画館、アミューズメントテーマパーク、ホテル、ショッピング施設などがあります。また、運河の周りでは、様々なイベントが催されています。 * アクセス…地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩10分
* ホームページアドレス…http://www.canalcity.co.jp/

■中洲・川端エリア

ネオンが輝く九州一の歓楽街・中洲。那珂川と博多川にはさまれているので中洲という地名となりました。那珂川沿いには博多名物の屋台が並び、多くの観光客でいつも賑わっています。中洲には隠れた老舗やバーがひしめいています。また商店街が連なる川端は商人の町として栄えたところで、昔ながらの情緒が残っているところです。

■博多の屋台

福岡・博多の夜を彩る名物・屋台。終戦直後、荒廃した町並みに次々と現れた簡素な移動式飲食店がその始まりといわれます。屋台ではラーメンや天ぷら、おでん、焼き鳥、餃子など豊富なメニューが楽しめます。近代的に整備されていく都市風景とは対照的に、のれんをくぐれば客と店主、また客同士の人情味あふれるコミュニケーションがあり、それも屋台が人気の要素です。

各駅一覧へ戻る

Page Top