ホーム > 交通局のご案内 > 人事・採用情報 > Q&Aと先輩の声

交通局のご案内

人事・採用情報

Q&Aと先輩の声

●運輸業務従事者についてQ&A

Q1. 採用後はどのような業務に従事するのですか。

まずは駅務員として市営地下鉄の各駅に配置され、お客様の案内、自動改札機や自動券売機の監視、駅の管理などの業務を行います。
なお、勤務形態は、泊勤務を主体とした交替制勤務となりますので、例えば、午前9:50から翌日の午前9:50までの勤務のように24時間拘束される勤務が基本となります。

Q2. 乗務員(地下鉄運転手)の採用は行わないのですか。

乗務員としての採用は行っておりません。駅務員として採用後、一定期間の業務経験を積んだ後に、選考試験を実施し、養成研修を経て乗務員へ登用しています。
なお、乗務員の中から適性があると認められる方は、選考試験により運輸事務職として登用され、駅務・乗務部門の助役や指令部門、本局部門に配置されることとなり、その後は管区駅長等の責任職に任用される途もあります。

Q3. 交通局では、事務系、技術系の採用は行わないのですか。

運輸業務従事者以外の採用は、行っておらず、市役所の採用試験に合格され、事務系又は技術系で採用された方の中から人事異動で交通局に配属になります。

Q4. 駅務員になるための研修はありますか。

駅務員として配属される前に2ヶ月程度、研修を行います。

●先輩の声

姪浜管区駅 笠 博樹(平成29年度採用)

 私は,平成29年度採用になりました笠 博樹と申します。

 私は,高校卒業後,一度東京で就職していました。福岡市に住んでいる時は,福岡の良さを意識することもなく暮らしていましたが,県外で生活すると,生まれ育った福岡の街が如何に素晴らしい街であるか改めて認識しました。そして,はやり永住する地は福岡だと思い就職先を探していると,福岡市職員採用試験の中に,運輸業務従事者という聞き慣れない職種があり,その業務内容は地下鉄の駅業務で,将来的に運転業務にも従事できるというものでした。元々,電車の運転に興味があったことや人と接することが好きだったことから,躊躇なく受験しました。
 
 現在は姪浜管区(姪浜駅~西新駅間の4駅)で駅務員として勤務しています。地下鉄は福岡在住の方だけではなく,出張や観光で福岡に来られる方が多く利用されるため,窓口業務に従事する時は,福岡市職員の顔であるということを強く意識しています。

 このことから,緊張感やお客様からの多種多様なお申し出への対応など,想像以上に大変な仕事ですが,笑顔で感謝の意を表していただいた時は,やりがいや達成感を強く感じる仕事です。

 更に,現場だけではなく,営業部門や運転部門など事務部門も経験できるので,これから,様々な職種を経験し視野を広げ,一人前の鉄道マンとしてお客様サービスの向上に努めていきたいと考えています。

博多管区駅  古川 万珠子(平成30年度採用)

 私は,平成30年度採用になりました古川 万珠子と申します。

 私は,最近人口や観光客数が増え続けている,魅力のある福岡市で働き,多くの方々の生活が豊かになるようにお手伝いしたいと思い,地下鉄の仕事に就きました。

 現在,地下鉄空港線の博多管区駅で駅務員として勤務しています。 駅務員の仕事は,お客さまの案内や異常時の対応など多種多様であり,幅広いものです。その中でお客さまのニーズに合った対応が出来ているか,不安になることもありますが,優しい先輩方に助けられながら日々の業務を行っています。

 毎日勉強ですが,通勤・通学でご利用のお客さまや他県や外国からお越しのお客さまなど,全てのお客さまが安心して快適に地下鉄をご利用して頂けるように,一生懸命頑張ってまいります。

Page Top