ホーム > 交通局のご案内 > 人事・採用情報 > Q&Aと先輩の声

交通局のご案内

人事・採用情報

Q&Aと先輩の声

●運輸業務従事者についてQ&A

Q1. 採用後はどのような業務に従事するのですか。

まずは駅務員として市営地下鉄の各駅に配置され、お客様の案内、自動改札機や自動券売機の監視、駅の管理などの業務を行います。
なお、勤務形態は、泊勤務を主体とした交替制勤務となりますので、例えば、午前9:50から翌日の午前9:50までの勤務のように24時間拘束される勤務が基本となります。

Q2. 乗務員(地下鉄運転手)の採用は行わないのですか。

乗務員としての採用は行っておりません。駅務員として採用後、一定期間の業務経験を積んだ後に、選考試験を実施し、養成研修を経て乗務員へ登用しています。
なお、乗務員の中から適性があると認められる方は、選考試験により運輸事務職として登用され、駅務・乗務部門の助役や指令部門、本局部門に配置されることとなり、その後は管区駅長等の責任職に任用される途もあります。

Q3. 交通局では、事務系、技術系の採用は行わないのですか。

運輸業務従事者以外の採用は、行っておらず、市役所の採用試験に合格され、事務系又は技術系で採用された方の中から人事異動で交通局に配属になります。

Q4. 駅務員になるための研修はありますか。

駅務員として配属される前に2ヶ月程度、研修を行います。

●先輩の声

天神管区駅 高田 健治(平成27年度採用)

 私は、平成27年度採用になりました高田 健治と申します。

 元々地元愛が強く、生まれ故郷の福岡で仕事がしたいと思っていました。就職活動の時に『運輸業務従事者』という馴染みのない職種を目にし、どういう仕事なのだろうと興味を持ったのが応募のきっかけでした。
 
 2年前に採用され、駅務員養成研修があり、地下鉄職員の仕事内容の多種多様さに驚いたのを今でも覚えています。案内業務、落し物の捜索、体の不自由な方への対応、またその他にもたくさんの仕事があり、その中でお客さま一人ひとりに合わせた、わかりやすく丁寧な案内をするよう日々心掛けています。簡単なようで難しい部分もあり、思うようにいかないこともありますが、お客さまから感謝のお言葉を頂いた時にこの仕事をしていて良かったなと本当に嬉しく思います。

 これまでたくさんの周りの方々に支えられながら今年で3年目を迎えました。まだまだ勉強することがたくさんありますが、これからも周りへの感謝の気持ちを忘れず、先輩方の仕事を見て吸収していき、地元の方々や観光に足を運んでくださった多くのお客さまが安心して地下鉄をご利用して頂けるよう、邁進していきたいと考えております。

博多管区駅  有村 詩織(平成29年度採用)

 私は平成29年度採用になりました有村 詩織と申します。

 私は宮崎県出身ですが,8年前福岡市に引っ越してきました。福岡市で過ごしている中で,日々便利になっていくこの街に惹かれ,福岡市で働きたいなと思うようになりました。

 私は地下鉄の博多管区駅で勤務しています。博多管区駅は空港線の祗園駅から福岡空港駅までを管轄しています。博多駅や福岡空港駅は,他県や外国から来られるお客さまが多数いらっしゃいます。

 駅務員の業務内容は幅広く,毎日の業務は学ぶことばかりですが,福岡市営地下鉄の駅務員として勤務していることに誇りを持ち,市民の皆さまはもちろん,他県や外国のお客さまにも安心して快適に地下鉄をご利用いただけるように,また少しでもお役に立てるよう,日々向上心を持って頑張っています。

Page Top