ホーム > 交通局のご案内 > 人事・採用情報 > Q&Aと先輩の声

交通局のご案内

人事・採用情報

Q&Aと先輩の声

●運輸業務従事者についてQ&A

Q1. 運輸業務従事者は、採用後どのような業務に従事するのですか。

運輸業務従事者は、駅務員として市営地下鉄の各駅に配置され、お客様の案内、自動改札機や自動券売機の監視、駅の管理などの業務を行います。勤務形態は、泊勤務を主体とした交替制勤務となりますので、例えば、午前9:50から翌日の午前9:50までの勤務のように24時間拘束される勤務が基本となります。
なお、休日については、土曜、日曜、祝日及び年末年始に関係なく、4週間に8日割り振られることとなります。

Q2. 乗務員(地下鉄運転手)の採用は行わないのですか。

乗務員については、採用を行っておりません。
駅務員として採用後、一定期間の業務経験を積んだ後に、駅長等の推せん及び勤務成績などを考慮して乗務員へ登用しています。

Q3. 交通局では、事務系、技術系の採用は行わないのですか。

運輸業務従事者以外の採用は、行っておらず、市役所の採用試験に合格され、事務系又は技術系で採用された方の中から人事異動で交通局に配属になります。

Q4. 駅務員になるための研修はありますか。

駅務員として配属される前に2ヶ月程度、研修を行います。

●先輩の声

姪浜管区駅 村田 都(平成27年度採用)

 私は、平成27年度採用になりました村田 都と申します。

 私は高校、短大に通っていた頃、毎日のように地下鉄を利用していました。その時には気にしていなかった駅務員の業務も、実際に仕事に就いてみて多種多様であることに驚きました。
 
 今でも、一つひとつのことを対応するのに精一杯ですが、お客さま一人ひとりのニーズを感じ、それに応えることの出来る駅務員を目指していきたいです。

 福岡市民や観光に来られる多くの方々の足として、重要な役割を果たしている福岡市営地下鉄。その職員として働ける誇りを持ち、一生懸命頑張りたいと思います。

天神管区駅 中冨 亮太(平成28年度採用)

 私は平成28年度採用になりました中冨 亮太と申します。

 高校生活と社会人としての約9年間県外で生活をしてまいりましたが、日々便利になっていく福岡市の暮らしやすさに魅力を感じていました。

 その中で特に高い利便性を誇るのが福岡市営地下鉄です。「速い・便利・快適」で、福岡市の足となり生活を支えるもの、福岡空港から市の中心部まで約10分と他県、外国から訪れるお客さまにも便利なものだと強く感じます。
私が生まれ育った福岡市のために貢献したい、大好きな福岡市の生活をもっと豊かにしたいとの思いでこの仕事に就きました。

 実際、駅に勤務して3か月程になりますが、駅務員の業務内容は幅広く、もっとこうすればお客さまに分かりやすく伝わったのではないかと自問自答の毎日です。しかし、お客さまから「ありがとう」の言葉をいただいた時は本当にうれしく、この仕事をしていて良かったと思います。

 「常にベストのことを考えて、ベストの結果を出すことだけを考えて行動する」
 これが私のモットーです。なかなか上手くいかないことも多いですが、日々業務の中で成長できるよう常にベストな対応を心がけ、他県及び外国からのお客さまにも安心して福岡市営地下鉄をご利用していただけるように頑張ってまいります。

Page Top