ホーム > 福岡市地下鉄からのお知らせ >

福岡市地下鉄からのお知らせ

お知らせ

博多駅浸水防止合同訓練を実施しました

その他 2019年05月21日乗客サービス課

福岡市地下鉄では、平成11年と平成15年に二度の冠水被害をうけており、平成16年から博多駅に隣接するビル・ホテル等の事業者と合同で浸水防止訓練を行うことにより,お客様に安全・安心にご利用いただけるよう防災体制の強化を図っております。
今年は以下のとおり「第16回博多駅浸水防止合同訓練」を実施いたしました。
 
1 実 施 日
   令和元年5月15日(水)
 
2 実施場所
  博多駅(博多口・筑紫口)(全5会場)
 
3  参加者
  13事業者 約160名
 
4 訓練内容
(1)通報連絡訓練
 御笠川がはん濫危険水位を突破したことを想定した通報連絡訓練
(2)避難誘導訓練
 駅構内・接続地下街に多量の浸水の恐れがあることを想定した避難誘導訓練
(3)止水板設置訓練
 通報を受けた事業者が,それぞれの施設に止水板等を設置する訓練
(4)救命訓練
 駅で急病人が発生したことを想定した心肺蘇生法・AED装着訓練
(5)可搬式ポンプの設置訓練
 交通局が所有する可搬式ポンプの設置訓練
 
5 新たな取り組み
 訪日外国人や聴覚に障害のあるお客さまへの情報提供の方法として,4か国語標記による避難を呼びかけるためのプラカード,及び,4か国語の避難誘導案内放送を使用
 
訓練内容(写真)につきましてはこちらをご覧ください。

お知らせ一覧トップへ >

Page Top