ホーム > 交通局のご案内 > 安全対策

交通局のご案内

平成30年 安全報告書

 鉄道事業者は,鉄道事業法第19条の4に基づき,前年度に実施した安全に関する取り組みや計画を安全報告書にまとめて公表することを義務づけられています。

 29年度の安全に関する取り組みの実績をまとめた「平成30年安全報告書」を作成しましたので公表します。
平成30年安全報告書(全文)

1.ごあいさつ

日頃より福岡市地下鉄をご利用いただき、誠にありがとうございます。

安全報告書 「1.ごあいさつ」
について

2.輸送の安全の確保に関する
   基本的な考え方

交通局が掲げる輸送の安全を確保するための方針を掲載しています。また,平成29年度に掲げた安全重点施策に対する進捗状況及び平成30年度に掲げている安全重点施策を掲載しています。

安全向上への取り組み 「2.輸送の安全の確保に関する
基本的な考え方」について

 

3.安全管理の体制と方法

交通局における安全に関する体制や会議を掲載しています。

安全な運行をささえるしくみ 「3.安全管理の体制と方法」
について

4.輸送の安全の実態

平成29年度については、交通局に責任のある鉄道事故、運送障害及びインシデントは発生しておりません。

万一の災害に備えて 「4.輸送の安全の実態」
について

 

5.安全性向上への取組み

交通局が行っている訓練や安全に関する設備について掲載しています。平成29年度は,博多駅での浸水防止訓練や橋本駅で警察と合同でのテロ対応訓練を実施しました。

テロ等の犯罪防止 「5.安全性向上への取組み」
について

6.お客さま・市民の皆さま、
   関係者との連携

お客さまよりいただいたご意見やそれを踏まえて改善した事例を掲載しています。また,近隣の学校と連携した地下鉄利用に対するマナー向上の取り組みについても掲載しています。

安心してご利用いただくために 「6.お客さま・市民の皆さま、
関係者との連携」について

 

7.安全に関する情報発信

安全に関する取り組みについて行っている情報発信方法を掲載してます。

テロ等の犯罪防止 「7.安全に関する情報発信」
について

8.安全報告書へのご意見

安全報告書に対するお客様からのご意見を掲載しています。

安心してご利用いただくために 「8.安全報告書へのご意見」
について

 

Page Top