ホーム > ひと駅散歩 > 箱崎線 千代県庁口駅

ぷらっと ひと駅散歩

千代県庁口駅

ぷらっと ひと駅散歩千代県
庁口駅

崇福寺、十日恵比須神社など歴史あるスポットが点在

昔ながらの商店街を歩くのもオススメです

寺社や名店が残るエリア カレーの食べ比べも!

いつもより「もう少し歩いてみようかな」と思わせる心地よい季節ですね。千代県庁口駅近くには今、全国から観光客を集める、黒田家ゆかりの「崇福寺」があります。お参りの後は、境内にある「吾妻屋饅頭店」でおまんじゅう! お寺の入り口から移転してリニューアルしていますよ。

昭和の雰囲気が漂う「吉塚商店街」の入り口

そこから十日恵比須神社がある東公園を抜け、妙見交差点を過ぎると、レトロな雰囲気を持つ「吉塚商店街」のアーケードが。狭い路地に野菜・肉・鮮魚・天ぷら・花・衣料などの店が肩を寄せ合うように連なり、店主と冗談を言い合ったり、おかずの相談をしたりと、昔ながらの買い物が楽しめる、福岡市でも数少ない歴史ある商店街の一つです。毎週土曜日は「土曜均一祭」でにぎわうのでのぞいてみては。

ビジネス街でもあるので、クイックリーなカレーはランチタイムの強い味方。最近は結構辛くてもイケちゃう女性が多いそうです。あなたも好みのカレーの辛さを見つけてみてね。

千代県庁口駅 ぷらっとMAP

ゴチャゴチャ感が楽しい!
倉庫に1坪単位の店が集合

おっとりとした看板犬のプーちゃんが、倉庫の入り口でお出迎え。個人のコレクターやディーラーが集めた、アメリカの古いモノ、家具、レトロな雑貨類が、1坪(3.3㎡)単位の12 のスペースに詰まっているアンティークモールです。「懐かし~」と手に取ったり、「これ私の部屋に合うかも!」としみじみ眺めたり。本来の用途を終えたモノたちが、次の出合いを静かに待っている…これまでとこれからの物語に思いをはせてしまいます。

雑貨 店内 オーナーの安部さんは、20年以上古いモノたちを見てきたベテラン

アンティークモール
ブーチーマーケット

  • (住)福岡市博多区吉塚6の11の1
  • (Tel)092(629)8762 (営)正午~午後7時
  • (休)火曜(祝日の場合営業)
  • (HP) http://booty-market.net/
  • (交)地下鉄千代県庁口駅8番出口から徒歩17分

熟練の手仕事から生まれる
人気の天ぷら

「うちの天ぷらはオレの性格と一緒。ソフトで優しい味」と笑う御手洗さん。福岡で「天ぷら」と呼ばれる「揚げかまぼこ」を、長年揚げながら売っている店です。看板商品の「角天」は冷めても柔らか! 塩分少なめで素材の味が生きています。

いずれも70 円 御手洗さん

平和蒲鉾店

  • (住) 福岡市博多区吉塚1の14 の11吉塚商店街内(Tel)092(611)0673
  • (営) 午前10 時~午後6時
  • (休) 日曜・祝日
  • (交) 地下鉄千代県庁口駅8番出口から徒歩13分

珍しい! 紫色あんの回転焼き

北海道小豆の粒が程よく残る自家製あんの回転焼きや、たこ焼きが評判の「こまち」。来年5月までの季節限定品、回転焼きの「さつま芋あん」が登場しています!紫イモの色の鮮やかさと優しい味わいのギャップが新鮮!

回転焼き1個100円

回転焼き こまち

  • (住) 福岡市博多区吉塚1の15 の11
  • (Tel)092(621)1391 
  • (営) 午前10時頃~午後6時頃
  • (祝日は午前11時~午後3時)(休) 日曜
  • (交) 地下鉄千代県庁口駅8番出口から徒歩12分

辛さレベルをチョイス!
スパイスが効いた本場インドの味

インド生まれの〝自称博多っ子〟!イムランさんが作るスパイスが効いたカレーは、甘口(0倍)から超激辛(51倍)まで辛さをチョイス。日替わりカレーランチ(ナン、サラダ、スープ、ドリンク付き800円)で、本場インドの味を堪能して! 「秋フェア」期間(10月末日まで )は、各650円で写真のランチが登場します。

日替わりカレーランチ(プレーンナン1枚追加OK)

インドレストラン アラジン

  • (住) 福岡市博多区千代2の22の5
  • (Tel)092(651)1455
  • (営) 午前11時~午後2時30分OS、
    午後5時~同10時30分OS
  • (休) 第2日曜(終日)、第4日曜(ランチのみ)
  • (HP) http://www.minnano-aladdin.jp
  • (交) 地下鉄千代県庁口駅1番出口から徒歩1分
好みのカレーはどっち?

初めての味かも?
トッピングのチキンも自信作

フルーツの甘さとスパイスの刺激、食べ進むと辛さの波が次々にやって来る~!食欲をそそるダイナミックなトッピングもいろいろ。ランチタイムはプラス100円で、サラダとスープ付き。 

基本の「こちカレー」(590円)に「とろけるチキン」(300円)をトッピング)

こちカレー

  • (住) 福岡市博多区千代4の29 の51
  • (Tel)092(633)3663 
  • (営) 午前11時30分~午後9時(ランチは同2時30分)
  • (休) 日曜・祝日
  • (交) 地下鉄千代県庁口駅7番出口から徒歩3分

DIY 女子にも!
小売りOK の建築金物の卸店

ドアを開けると、スタッフの笑顔!200以上のメーカーの1万アイテムもの建築金物を取り扱う卸店で、一般の人にもオープン。DIY や、「家具の取っ手が取れた」など特定の部品を探している人にもオススメ。人気キャラクターの取っ手や、番(ちょうばん)、フックといった金具1個でも、相談にのりながら販売してくれます。〝探しものの最後のとりで〟として、業界の信頼も厚いアットホームな会社!

女性スタッフが多いので入りやすい!

村山金物

  • (住) 福岡市博多区千代2の13の9
  • (Tel)092(641)0561 
  • (営) 午前8時30分~午後5時30分(土曜は同5時)
  • (休) 日曜・祝日、土曜不定 (HP) http://www.k-murayama.co.jp/
  • (交) 地下鉄千代県庁口駅1番出口から徒歩3分

-感度の高い生活雑貨にクラクラ-「今宿駅」

「STORY」福岡市西区今宿

統一感が出る! 天然素材のかごを収納にも

ショップの前に並ぶ、ブリキのじょうろや鉢などのガーデニング雑貨…。ドアを開ける前から、間違いなく欲しいものが見つかる予感にやられます!天井や壁から下がるかごバッグは、さまざまなフォルムでとってもカラフル。スリッパや手芸用品を入れて、収納としても活躍しそう。店内には、レトロ風デザインのランプシェードや家具のパーツ、ハンドメイドウエア、アクセサリーなど、実用性の高いアイテムが凝縮していますよ。
11月19日(水)・20日(木)は、革製品と帆布バッグの店「Calico(キャリコ)」(福岡市西区今宿青木1094の7、Tel:092・882・8255)で、「和み菓子屋 市松」と共にイベントを開催予定。革とかごバッグ、リースのワークショップやミニライブが予定されていますよ。こちらにも足を運んでみて!

STORY福岡市西区今宿3の23の4 お店外観

STORY

  • (住) 福岡市西区今宿3の23の4
  • (Tel)092(807)0337
  • (営) 午前10時~午後6時
  • (休) 日曜・祝日、土曜不定
  • (交) JR 筑肥線今宿駅から徒歩5分
  • (HP) http://www.zakka-story.com

バックナンバー

Page Top