ホーム > ひと駅散歩 > 空港線 赤坂駅

ぷらっと ひと駅散歩

赤坂駅

ぷらっと ひと駅散歩赤坂駅

9月も残すところわずか。食欲の秋を思いきり楽しむべく、

グルメ激戦区として知られる赤坂駅界わいへ繰り出しませんか

〝おいしい〞って幸せ♥話題のグルメスポットへいざ!

地下鉄天神駅の一つお隣、赤坂駅周辺は、中央区役所や福岡地方裁判所などの官公庁をはじめ、多くの企業が立ち並ぶビジネス街。大名方面に足を延ばせば、ファッション系の路面店が密集し、にぎやかな街並みが印象的です。

気になるグルメがたくさん!

またもう一つ。このエリアは、福岡きっての〝グルメ激戦区〞としても知られ、飲食店の数が際立って多いのも特徴です。ビジネス街周辺はもちろん、細い路地裏の奥にも隠れ家スポットが点在。「どのお店に行こうかな?」と頭を悩ませることもしばしばです。そんなときに使えるのが、今回のテーマ別グルメスポット。「ランチタイムに」「仕事帰りに」「休日のデートに」etc.シチュエーションに合わせて、食欲の秋を思う存分楽しんでくださいね。

赤坂駅 ぷらっとMAP

次のデートは隠れ家居酒屋に決まり!

大名小学校跡地の目の前。細い路地を抜けた先にひっそりと立つ「さくら」は、隠れ家的雰囲気の店構えが人気の居酒屋さん。1階奥のテラス席は、屋根が開閉式になっていて、夜空を眺めながら食事を楽しむことができるんです(季節・天候により異なる)。居心地の良さを後押ししてくれるおしゃれな雰囲気の店内で、創作料理とおいしいお酒があれば、彼とのデートも盛り上がること間違いなし!

デートにCHECK!

大名居酒屋 さくら

  • (住)福岡市中央区大名2の1の42
  • (Tel)092(713)1123
  • (営)午後5時~翌午前1時(日曜、祝日は翌午前0時まで)
  • (休)なし
  • (交)地下鉄赤坂駅5番出口から徒歩5分

ひいきにしたい
ネオビストロが誕生

東京、福岡の有名店で修業をしたオーナーシェフが、今年の3月末にオープンした話題のレストラン。〝ネオビストロ〟というだけあって、肩肘張らずに楽しめるカジュアルな雰囲気の中、レストランさながらの料理が楽しめますよ。糸島野菜をふんだんに使った料理のほか、11月から2月にかけて登場するジビエ料理が同店の推しメニュー。ランチはもちろん、夜のメニューにも期待して!

ランチもディナーもお任せあれ! オーナーシェフの久我学さん(中央)とスタッフ

Neo Bistro Kuga(ネオビストロ クガ)

  • (住) 福岡市中央区大名2の10の2シャンボール大名B棟103
  • (Tel)092(406)5875
  • (営) 午前11 時30 分~午後3時(同2時30分OS)、
    午後6時~同11時(同10時30分OS)
  • (休) 不定
  • (HP) http://neobistrokuga.com/
  • https://www.facebook.com/neobistrokuga
  • (交) 地下鉄赤坂駅 5番出口から徒歩1分

長年愛される牛肉料理専門店

グルメ激戦区の大名で、29年間愛され続ける牛肉料理専門店。九州の和牛を中心に、選び抜かれたお肉で作るハンバーグやステーキは口に入れた瞬間の「うまい!」がリピーター客をうならせています。艶のいいコシヒカリ米は、おかわり自由。お昼からお肉&ご飯で、気合い注入して♪

ランチでお肉パワー注入!

ビーフ亭

  • (住) 福岡市中央区大名2の2の43ELK大名ビル1F
  • (Tel)092(713)6182
  • (営) 午前11時30分~午後2時30分OS、午後5時~同10時OS ※日曜、祝日はランチ休み
  • (休) 第3日曜
  • (HP) http://beeftei.web.fc2.com/
  • (交) 地下鉄赤坂駅4番出口から徒歩4分

和のスイーツが恋しくなったら

ジェラートショップ「ViTO」が手がける〝和〟をコンセプトにしたカフェ。オープンテラスを設けたカラフルなお店で、まったりと和のスイーツはいかが。黒蜜、きなこ、抹茶などの定番をはじめ、季節に応じて変化するジェラートは、子どもから大人まで人気の味わいです。

和スイーツでまったり! Café de 茶音( さおん)

Café de 茶音( さおん)

  • (住) 福岡市中央区大名1の8の12第二西部ビル1F
  • (Tel)092(713)9210
  • (営) 正午~午後9時(金・土曜、祝前日は同11時まで)
  • (休) なし
  • (HP) http://www.vitojapan.jp
  • (交) 地下鉄赤坂駅4番出口から徒歩6分

気合いの一杯! ついついクセになる激辛麺

宮崎から上陸の辛麺屋さん。ニンニクと辛さのパンチが効いた定番麺は、生麺、ちゃんぽん麺、こんにゃく麺の3種類から好みが選べ、ダイエット中の人には特にこんにゃく麺が人気です。また、ニンニク抜きの対応のほか、麺の量がやや少ないレディースサイズ(通常の3分の2量)もあるので、お仕事途中の女子が一人で足を運ぶのにももってこい。

ダイエット女子、注目! 「コラーゲンたっぷりとろとろなんこつ」500円 真っ赤な店内にいるだけで辛さがじんわり

元祖辛麺屋 桝元 福岡大名店

  • (住) 福岡市中央区大名1の9の6ボノボノ大名ビル1F
  • (Tel)092(732)3080
  • (営) 午前11時30分~午後2時30分(OS)、午後6時~翌午前2時30分(OS)
    ※土・日曜、祝日は午前11時30分~翌午前3時(OS)
  • (休) なし
  • (HP) http://www.karamenya-masumoto.com/
  • (交) 地下鉄赤坂駅 5番出口から徒歩6分

世界の缶詰とお酒でカンパーイ!

窓越しにずらりと並んだ缶詰が、通りを行き交う人の視線を釘付けにしている缶詰バー。オリジナル缶詰をはじめ、世界各国の缶詰を取りそろえ、その数なんと約250種類。仕事帰りの一杯に、ふらりと立ち寄りたくなるお店です。

会社帰りの一杯に! オーナーの松尾正晴さん

mr.kanso大名店(ミスターカンソ)

  • (住) 福岡市中央区大名1の9の21ダイアパレス大名102
  • (Tel)092(725)5317
  • (営) 午後5時~翌午前1時(金・土曜、祝前日は同2時まで)
  • (休) 水曜、他不定あり
  • (HP) http://mr-kanso.com/
  • (交) 地下鉄赤坂駅 4番出口から徒歩5分

Topics

裁判傍聴で、
司法への関心を高めよう

福岡地方裁判所の入り口

民事・刑事事件の裁判が行われる「福岡地方裁判所」。裁判員制度がスタートして、司法をより身近に感じることが多くなったとはいえ、裁判傍聴に訪れたことがある人は意外に少ないのかもしれません。

法廷が開かれていれば、原則、誰でも「傍聴人入口」から入り、傍聴が可能です(傍聴の際はお静かに!)。傍聴券交付が行われる裁判を除き、事前の手続きも必要なし。どんな裁判が行われているか、広報係へ問い合わせするか、各法廷に張り出される開廷表を参考に、傍聴に訪れてみてはいかが。

福岡地方裁判所

  • (住) 福岡市中央区城内1の1
  • (問) 092(781)3141
  • (HP) http://www.courts.go.jp/fukuoka/
  • (交) 地下鉄赤坂駅2番出口から徒歩5分

バックナンバー

Page Top