ホーム > ひと駅散歩 > 七隈線 福大前駅

ぷらっと ひと駅散歩

福大前駅

ぷらっと ひと駅散歩福大前駅

新旧の雰囲気が残る、福大生のメッカ。

学生たちに人気の飲食店を徹底リサーチ!

若々しいエネルギーで元気をチャージ

ランドマークは、学生約二万人が学ぶ福岡大学。1934年に創立し、今年80周年を迎えます。現在9学部31学科を持つ西日本屈指の総合大学。福大前駅は1時限目が始まる午前9時前が一番のラッシュアワー。学生たちがひっきりなしに駅からキャンパスに向かいます。周辺には、食堂や居酒屋が点在し、道すがら目を引くのは、「親子丼350」「焼き鳥30円」「新入生応援キャンペーン」といった看板。学生街特有の生き生きとした空気が漂っているエリアです。 福大出身でなくても、若々しくて元気な学生と彼らを見守る地域の人々の温かい目に触れるほどに、自分の学生時代を思い出し、懐かしく感じる人も多いのではないでしょうか。さあ、若々しいエネルギーで元気をチャージしに出かけましょう!

福大前駅 ぷらっとMAP

おいしくて、安くて、あったかい人情食堂の見本です

福大の学食で働いていた畑島さんが、切り盛りする食堂。うどんから丼ものまで豊富にそろうメニューが自慢。
チキンライスにこだわりのデミグラスソースがたっぷりとかかったオムハヤシ(480円)のほか、期間限定のタコライス(M 470 円、L520 円)が今のおすすめ!研究の末たどり着いたオリジナルレシピは学生の評判も上々です。
味はもちろん、畑島さんの人柄にほれて、お店には学生や近所の方がひっきりなしに来店。

夢・ちゃんTO

  • (住)福岡市城南区片江5の10 の6
  • (Tel)090(5476)1059
  • (営)午前10 時30 分~午後6時 (休)日曜・祝日
  • (交)地下鉄福大前駅1 番出口から

また食べたくなる!今昔の福大生が愛する老舗弁当店

40年以上前から福大生に愛される手作り弁当の店。「学生さんに喜んでもらうのが一番」という初代店主の信条を貫き、今でもボリューム満点の格弁当(340 円)。この価格でこんなに!? と驚きのボリュームです。一人暮らしが多い福大生の栄養を考えて、すべてのお弁当に野菜や煮物が入っている心遣いも永く愛されるゆえんです。

花すし弁当

  • (住)福岡市城南区片江5の10の5
  • (Tel)092(864)5348
  • (営)午前10時30分~午後9時30分(月~金)
     午前11時~午後8時(土日・祝日・福岡大学休講日)
  • (休)不定
  • (交)地下鉄福大前駅1番出口から徒歩12分

素晴らしいコスパのとんかつ・天ぷら専門店

タクシー運転手やサラリーマンにも人気のとんかつと天ぷらの専門店が、こちら。ごはん、味噌汁と自家製の漬物がつく定食は、どれも550 円(カツカレーのみ650円)! なかでも人気はとんかつ。脂ののったジューシーな肩ロースか、あっさりとしてきめ細かな肉質が楽しめるヒレを選べます。メインのおかずのほか、一品と小鉢がつく日替わり定食も人気。小ごはんも選べます(50円引き)。

天ひろ

  • (住)福岡市城南区片江3の40 の16
  • (Tel)092(801)7819
  • (営)午前11時~午後2時30分、
     午後6時~同8時30分
  • (休)土・日曜 ※祝日は昼のみ営業
  • (交)地下鉄福大前駅1番出口から徒歩16分

食べ盛りの男子学生も太鼓判とんこつラーメンの新提案

ワンコインでおいしいラーメンが食べられると地元でも評判なのがここ。しかも、麺増量は1.5 倍も2 倍もナント、無料!スープは豚の頭だけを使ったあっさり仕立て。人気の赤唐ら~めん(500円) は、あっさりスープに唐辛子ベースのエキスを加え、すっきりした辛さ。トッピングにバーナーで焼いた、こんがり香ばしい焼きチーズ(80 円)をのせるとさらにやみつきに! 明るくて笑顔がチャーミングな店主夫婦にも癒やされます。

まめぞうらーめん

  • (住)福岡市城南区片江5の46の17
  • (Tel)092(864)0011
  • (営)午前11時30分~午後7時
  • (休)土曜
  • (交)地下鉄福大前駅1番出口から徒歩8分
       地下鉄福大前駅1番出口から徒歩16分

女性もハマる、塩分控えめのとんこつラーメン

福大の学生はもちろん、近所の常連さんも〝安くておいしい一杯〟を求めて、開店から閉店まで客足が途切れることなく続きます。ラーメン(470円)は、コクがあってしっかりとうまみがあるのに、塩分控えめであっさり。すするごとにしっとりとまろやかなとんこつのうまみが広がります。なみなみと注がれたスープと、リーズナブルな料金設定に「おいしいラーメンを作りたい、でも学生さんが多いので安く食べてほしい」という店主・立石さんの愛情を感じます。

七福亭

  • (住)福岡市城南区南片江2の30の24 (Tel)092(862)5152
  • (営)午前11時30分~午後10時 ※自家製麺が売り切れ次第終了
  • (休)月曜・第2日曜 (交)地下鉄福大前駅1番出口から徒歩16分

topic

中国や韓の古い映画に字幕をつける授業が、福岡大学で行われています。東アジアの言語を学ぶ学生たちが、日本ではあまり知られていない時代の作品を中心に、今までに20 本を翻訳。毎年9月に、アジアフォーカス国際映画祭協賛企画として成果発表会を開催、翻訳した作品を上映しています。

今年は9 月27日(土)にエルガーラホール多目的ホールで、中国映画錦上添花(きんじょうてんか)」(1962 年)を上映予定。当時としては珍しい喜劇作品で、熟年カップルの恋愛模様を描いています。1960 年代の中国の市井の人々の生活がうかがい知れる、貴重な作品です。

「授業で字幕付けをしている様子」
  • 場所=福岡大学人文学部東アジア地域言語学科
  • Tel 092(871)6631

バックナンバー

Page Top