ホーム > 地下鉄七隈線延伸工事に伴う道路陥没事故について >

Q4:トンネルの深さや岩盤の厚さはどのように決まったのか?

【回答】
トンネルの深さにつきましては,既設地下構造物を避けた位置で,かつ,駅との接続部分であるため,お客様の移動の負担軽減や他の交通機関との乗換え利便性などを総合的に判断して,位置を定めており,その結果として,設定したトンネルの深さでの岩盤の厚さが約2mとなったものであります。
また,設計にあたっては,この条件で,支保工や補助工法を設定し,解析を行い,施工時の安全が確保できることを確認しております。
なお,施工業者の施工にあたっては,計測などにより,地山の状況を確認しながら、必要な補助工法などの対策を適切に行い,安全に施工を進めていくこととしております。












 

Page Top