ホーム > 地下鉄七隈線延伸工事に伴う道路陥没事故について >

Q2:ナトム工法とはどのようなものか?

【回答】
ナトム工法は,トンネル周囲の地盤がトンネルを支えようとする保持力を利用するため,掘削した岩盤の緩みが小さいうちに,早期にコンクリートを吹き付け,鋼製支保工を建て込み,ロックボルトを打設して,地盤の安定を確保しながらトンネルを掘削する工法であります。
このため,施工中において,切羽の観察やトンネルの挙動などを計測し,その結果を設計と施工に反映させ,必要に応じた対策を講じながら施工することが特徴の工法です。

















 

Page Top