ホーム > 各駅情報 > 各駅一覧 > 箱崎宮前駅 > 箱崎宮前駅周辺施設

各駅情報

箱崎宮前

■筥崎宮

宇佐八幡宮、石清水八幡宮とともに三大八幡宮の一つといわれ、本殿と拝殿は国の重要文化財に指定されています。1月の玉せせり、9月の放生会には多くの人でにぎわいます。境内にある花庭園には、牡丹やあじさいなどの四季折々の花が咲き乱れ、訪れる人の目を楽しませてくれます。 ※一日乗車券による花庭園への入場料の割引があります。 * アクセス…地下鉄箱崎宮前駅1番出口より徒歩1分

□玉せせり

筥崎宮の年中行事の一つで毎年1月3日に行われています。1年の豊作、大漁を占う神事で、締め込み姿のせり子たちが直径30cm余りの木珠を奪い合います。 * アクセス…地下鉄箱崎宮前駅

□放生会

筥崎宮の年中行事の一つで毎年9月12日から18日まで行われています。参道には多くの露店が並び、多くの参拝客が訪れます。放生会とは、仏教の殺生戒に基づいて鳥や魚を自然に帰す法会で、18日には鳩などを放す放生神事が行われます。 * アクセス…地下鉄箱崎宮前駅

■恵光院

千利休が豊臣秀吉を招いて茶会を開いたという寺院。筥崎宮の社坊である座主坊の末寺で、福岡藩二代藩主・黒田忠之の開基により寛永年間(1624~1644)に建立されました。明治初期の廃仏毀釈の際、法印賢秀が筥崎宮や社坊の仏教関係の遺品を恵光院に移して守りました。これらの遺品の内、木造釈迦如来坐像は高さ94.2cmで、鎌倉時代に中央の仏師により制作されたものです。 * アクセス…地下鉄は箱崎宮前駅1番出口より徒歩5分

■燈籠堂

1587年、千利休はこの堂の前で豊臣秀吉を招き、博多の豪商神屋宗堪や島井宗室らとともに茶会を開きました。この堂は筥崎宮境内にありましたが、明治期の神仏分離により恵光院に移されました。5月末~6月中頃迄燈籠堂の前の菩提樹の花がとても美しく香りがよいです。 * アクセス…地下鉄は箱崎宮前駅1番出口より徒歩5分

各駅一覧へ戻る

Page Top